作業スピードが求められる?スピードアップのコツは?

期間工に割り当てられる仕事内容

期間工の求人は、自動車の車体を製造しているメーカーや自動車部品を製造する部品メーカーで多く見受けられます。募集している企業によって違いはありますが、プレスや溶接、塗装、組立、ピッキング、検査、運搬などが期間工に割り当てられる仕事内容となります。最初に研修が行われ、仕事に慣れるまでは社員が指導してくれるので、未経験者も応募可能です。いわゆる単純作業が多いので、慣れてしまえば難なくこなせるようになります。ただし組立やピッキング、検査といった仕事はライン作業と言われ、リズムを崩さないようにテキパキと作業を進めていかなければいけません。もしミスや遅れを生じると、他の人にも迷惑をかける事になるため、慣れるまではもちろん、慣れてきた頃も集中力を要す仕事と言えます。

指導された事を元に効率の良い作業法を考える

基本的にライン作業は単純です。説明を受けた時に「こんな簡単な作業ならすぐに慣れる」と感じるかもしれません。しかし実際に作業してみると、なかなかそのスピードに慣れず、頭が混乱してしまうという人も少なくないのです。スピーディーに動くコツとしては、まず言われた内容はしっかりメモを取るのが基本です。研修時のみならず、作業中にアドバイスされた事もメモしておけば、仕事が終わってからも作業内容を思い出し、修正すべきポイントを頭の中で整理出来ます。作業に慣れるまでは、とにかく指導された通りに忠実にこなしていくしかありません。まずは仕事内容を体に叩き込んでいく事が大切なのです。そして仕事に慣れた頃に、どうすれば動きの無駄を減らせるのかを自分なりに考えていきます。与えられた仕事を正確にこなせるなら、どんなやり方でも注意を受ける事はなく、自分のやりやすい方法ならば作業も大幅にスピードアップするかもしれません。