シフトで苦労する人も!夜勤に慣れるコツを紹介

生活サイクルの変化に対応できないのが苦労する原因

期間工の仕事の中でも夜勤シフトは疲れが溜まりやすい傾向にあります。生活サイクルが昼夜逆転の形になる他、週単位や月単位でシフトが変わることがあるので生活サイクルが乱れてしまうケースも少なくありません。今まで日中に仕事をしていた人が夜勤に従事しても体が順応できず、疲労や眠気に悩まされてしまいます。期間工の仕事は雇用期間が限定されている分、就労時間が長く設定されていることもあります。1日12時間勤務を3日、あるいは4日続けて行うシフトが多いので十分な休息を取れず、思わぬトラブルに見舞われる可能性も否定できません。安全に仕事を行うには夜勤に慣れることが重要です。そのためには体調管理に気を配り、体を順応させることが大切です。

生活上の問題点を見直す

夜勤に慣れない人の多くは不規則な生活を営んでいます。日中の勤務では規則正しく生活していたものの、夜勤になると時間の配分を誤ってしまうケースは少なくありません。夜勤に慣れるためには食事や睡眠などの生活習慣をパターン化させるのが効果的です。食事をいつ、どこで摂るか。時間はどれだけかけるかなど細かく決めておくのが規則正しくパターン化させるコツです。睡眠も同様ですが、人の眠りの質は光と音に影響されます。長時間眠ったとしても、眩しくうるさい環境では質の良い眠りにはなりません。睡眠を取る際は遮光カーテンや耳栓などの安眠グッズを使い、良好な環境を整えます。健やかな状態で夜勤に従事するためには自身の暮らしの問題点を見直し、改善に努めることが大切です。